Fool on a hill

読んだ本やら、趣味の話やらを徒然なるままに書いていきます。

先輩の背中を見て育つ。それが文化になる。

今日、ある若手(といっても4年目ぐらい)と1on1をしていると、

あるプロジェクトについて、面白くなってきた。モチベーションが上がっている。プロジェクトの進め方について、AさんやBさんのやり方を見てきた。ああいう感じで人を巻き込みながら進めたい。

と言っていた。

 

何気ない言葉だけど、すごくうれしい言葉だなと思った。良いチームになったなと…(別に私がチームを作ったわけではないのだけれども…)

 

「先輩の姿を見て、それをRoll Modelだと思い、同じように頑張る」

 

当たり前だけど、まさに文化を創るというかんじで素晴らしいなと。

 

ささいなことかもしれないが、大事だな~と思ったので、忘れないようにここに書いておきたい。

1on1はやはりいいなと思った話

先日、チームの若手の人と1on1をした。

その人は、7月にチームにジョインしたので、チームに来てちょうど3ヶ月ぐらいである。また、入社4年目ぐらいのはずなおで、まだ20代の後半である。ちなみに、私はそのチームの一員というよりかはアドバイザ的な位置づけで参加していて、その人よりも一回り以上、歳を取っている…(unfortunately)

また、今回、その人とは初めての1on1だった。

 

こういう1on1は、立場上、向こうから「1on1をしましょう」と言ってくるケースはほぼないため、私から設定することにしている。一方で、最初に1on1をする際は、「意味があるのかな?迷惑がられたら嫌だな」と少し思うのも事実である。

 

で、1on1をした。こちらが話すというよりも、先方に話していただくことが1on1の目的なので、必ず「何かありますか?疑問とか、引っかかっていることとか、気になることとか」と始めるようにしていて、そのように問いかけると、今のチームがやろうとしている新しい取り組みについて、質問をされた。内容は、Agile開発/DevOpsとか、外注 vs. 内製とか、そういう類の話なので、詳細は省略する。

 

思ったのは、3ヶ月も経って、それなりに仕事を進めているにも関わらず、心の中では、その辺の疑問を持ったまま仕事をしているのだな~という点である。という意味で、1on1はやはり大事だなと思う。

自分の心の中の考えや疑問は、口に出したり、紙に書いたりしないと明確にならないことがある(と思っているし、そういう本や記事もよく目にする)。

で、優秀な方は意図的に口に出したり、紙に書いたりすることで明確にし、より高い視座での発言/行動ができているが、一方で、多くの人が、そういったOutputをしないがために、次のステップに行けていないのかなと思う。

1on1は、そういったOutputを意図的に生み出す仕組みであり、素晴らしいな~と改めて思った。

 

 

 

 

遺伝子をONにして生きていく

先日、「生命の暗号」という本を読んだ。著者は、村上和雄さんという分子生物学者である。

 

この本のポイントは、ずばり

  • 人間の遺伝子の情報量(文字数)は約30億だが、そのうちの5~10%しか働いていない
  • すなわち、90~95%の遺伝子は眠っている
  • 環境を変えて前向きに生きると、その眠っている遺伝子がONになり、今まで眠っていた能力が開花する

というものである。

 

本当かな~と思いつつも、確かにほとんどの遺伝子が眠っているのは事実であり、このような視点を持つことは重要だな~と思った。

 

というわけで、もし人生に行き詰ったら、思い切って環境を変えて前向きに生きようと思う…

"Man's Search For Meaning"を読んで

"Man's Search For Meaning"という本を読んだ。著者はアウシュビッツ収容所を生き残った精神科医である。

この本のメッセージは、

  • 人は環境や状況に対して自由ではない。すなわち、人は環境や状況により影響を受ける
  • しかしながら、人は、その環境や状況に対してどのような態度で臨むかについては自由を持つ
    • アウシュビッツのような環境においても、誇り高く生きていくことができる
    • すなわち、苦痛すら、そこに意味を見出し、勇気を持って生きていくことができる
  • そのためには、人生の意味を見出す必要がある

である。

この本を読んだからといって、自分が避けられないような苦しい状況に陥った場合に、勇気を持って胸を張って生きていけるかは謎だが、こういう本があると知っておくことは大事だなと思う。

 

また、自分にとっての「人生の意味」とは何なのだろうとも思った。普段、人生の意味を考えることもせず、何となく生きているが、著者曰く、「自由があるからこそ責任を持つべき。あたかも2回目の人生を生きるかのように、そして、何もしなければ、1回目の人生と全く同じ人生になるという気持ちで、自分の人生をデザイン/変革していくべき」とのことである。

 

「少年老い易く学成り難し」ってことかなと思う

AmazonのFulfillment Centerについて

先日、AmazonFulfillment CenterのYouTube動画を見た↓

www.youtube.com

 

2:15ぐらいから始まる「同じようなものをまとめて格納するより、ランダムに格納した方が効率が良い」というところに、Amazonの凄みを感じた。

 

いわゆるDXを行う場合に、これまでの手作業のプロセスをそのまま自動化してしまうというケースがよくあると思う。

一方、このAmazonの例では、機械やAI、ロボットを使うという前提でプロセスを見直し、最も効率的なプロセスに作り変えている。

彼らの技術レベルでは当たり前なのかもしれないが、ここまでできるのはすごいな~と感銘を受けた。

 

後、「自動化する場合は、プロセスそのものを見直すべき」ということを伝えるときの事例としてこれは使えそうだな~と思った。

 

ダイバーシティについて

先日、村木厚子さんの講演を聞いた。ダイバーシティについていろいろな切り口でお話をしていただき、とても勉強になった。

以下に「へ~」と思ったことを書き留めたい。

 『風土は「風」の人と「土」の人が創る』

その講演の中で『風土は「風」の人と「土」の人が創る』という言葉を聞いた。

 

新しい風土(文化)を創る時に、新しい人(風の人)だけでは駄目である。もともとそこにいる人(土の人)がいるからこそ新しい風土ができるという意味だそうである。

 

なんかいい言葉だな~と思った

 

「めねぎのうえんのガ・ガ・ガーン」

これは、ユニバーサル農園「京丸園」の取り組みについての絵本のタイトルである。この絵本をすぐにAmazonで買って読んでみたが、とてもいい絵本だった。

この農園では、障害のある人を雇用したところ、障害のある人でも働けるような職場になっていき、結果として、その農園が大きく成長したという話である。

障害に限らず、女性の登用についても、最初は苦労するが、そこを乗り越えた時に価値が生まれる、ということを実例を交えながら話されていた。

 

この「乗り越える」というのは、チームでもそうだなと思う。お互いの違うところを理解し、尊重した後に、強いチームができる、ということかと。

 

普遍的な制度設計が重要

「女性が働きやすいような職場に」という意味では、「育休」とか、「子育てのための○○」とか、特別な制度はあまり効果がなく、むしろより普遍的な制度を設計することが大事という話であった。

 

例えば、「全員が朝方勤務(7時半開始の16時終業)にする」といった施策や、「全員が休みを取る」といった職場環境が良い、ということだった。

これは、「子育ての」といった限定がつくと、「自分だけが特別扱いされている」という意識が働くため、あまり上手く機能しないということらしい。

 

言われてみると当たり前の話だが、いざそういう制度を設計しようと思うと、そういう意識が働かないので、こういう話を聞くのは大事だな~と思った。

「パラコンシステントワールド」を読んで

澤田純の「パラコンシステントワールド」という本を読んだ。

 

この本の言いたいことは、ざっくり言うと、

  • それぞれの生き物は主観的な知覚世界(環世界)に生きており、無数の環世界が存在する。すなわち、多様性のある世界である
  • そして、この世界の住人は、その無数の環世界をそのまま受け止めることで、相互に尊重し合うコミュニケーションを行うべき
  • 一方、この世界は以下のような矛盾する2つの仕組みで成り立っている:
    • ピュシスとロゴス
    • 「速い思考: 分散された処理部」と「遅い思考: 司令塔。中集権的な処理部」
    • 言語以外のもの(触覚やリズム)と言語
    • 動的なもの(ピュシス、自然現象)と静的なもの(ロゴス、言語)
    • 現場力と経営力
    • 自律分散と中央集権
    • 個人(私)と集団(全体)
    • 地産地消と大量生産
    • ローカリゼーションとグローバリゼーション
    • 生成における情報と伝達における情報
    • 様々な寄り道と試合に勝つための最適化
  • そして、この矛盾を受け止めるには「あいだ」が重要である。「あいだ」とは、例えば、縁側のようなものであり、「どちらか」ではなく、「どちらでもある」という場所である
  • すなわち、二律背反するような事柄に対し、そこに内包される様々な矛盾を許容しつつも双方をつなぐことが大事である(そのような「どちらでもある世界」がパラコンシステントワールドである)
  • そのような世界を実現するためには、倫理(余白のある道徳)や哲学としての利他の心、棲み分けが重要となる
  • 具体的には、全体の中の私を意識すべきであり、互いに信頼しあい、あえて騙される関係性を築く必要がある

という感じである。

 

「なるほど〜」と思った。

(ここまでしっかりと整理して本にするのはすごいな〜と純粋に思う)